CentOS 6.1 リリースノート

最終更新日: 2011年12月12日

翻訳更新日: 2011年12月21日(JST)

1. 翻訳

リリースノートは、下記の言語に訳されています。

2. はじめに

CentOS 6.1 リリースへようこそ。CentOS は、上位 OS プロバイダー(UOP)1が誰もが使える形で公開するソースを基に作られた企業向け Linux ディストリビューションです。

CentOS は上位ベンダーの再配布ポリシーを全面的に遵守し、100% のバイナリ互換性を目標としています(CentOS は主に上位ベンダーの商標とアートワークを除去するようパッケージに変更を加えています)。

我々は UOP のインストール コードの使用法に従わない判断をしました。インストール時にシステム管理者はすべての「チャンネル」を利用できます。

上流ベンダーの手段のように、前のメジャー リリース(現在の CentOS 5 や CentOS 4)のインストールを「アップグレード」する手順をサポートしません。これは CentOS にかせられた制限ではなく、この問題の上流のアプローチを反映しています。冒険好きで実験をしたい人たちは、テストの前にバックアップを取ることを忘れないでください。 この警告にもかかわらずアップグレードを試みる人々への覚書として、例えばメディアからサポートされない upgradeany オプションとしてコマンドラインでインストールします。yum が正しく動作するいくつかの機会の前に、centos-release パッケージを手動で取得し,前の centos-release パッケージを削除するために rpm -e --nodeps を手動で実行する必要があります。そして手動で CentOS 6 の centos-release をインストールすることに注意してください。

継続的リリース( CR )リポジトリー は CentOS の次のポイント リリースが正式にリリースされるまで、テストとホットフィックスの方式で一般に利用可能なパッケージを構成します。

インストールを試したりバグの報告をする前に、他のセクションを読んでください。

3. インストール メディアとハッシュ値(sha1sum)

i386
2ef1eb330efeb8bca5646700481b1a645f726bdb  CentOS-6.1-i386-bin-DVD1.iso
e12d7f473fa7f13931738f3c37f57d99e66c2ff2  CentOS-6.1-i386-bin-DVD2.iso
ff2a275577d0dff56debb47aca28ef4019d0be6e  CentOS-6.1-i386-LiveCD.iso
9ea2b421c0fe91cb3a1c4de8cf741b3d3cc8aa8e  CentOS-6.1-i386-LiveDVD.iso
89b0cb3cad239b55e3de74ec741738b8def45f30  CentOS-6.1-i386-minimal.iso
b0163bcf2777b9c19542a89106094aafea45f3aa  CentOS-6.1-i386-netinstall.iso

x86_64
6cf7de61f851bbdb6859ce0a33d65d9554219509  CentOS-6.1-x86_64-bin-DVD1.iso
7bfd52eaa5ada445982c3f528c1f481bbcda85c8  CentOS-6.1-x86_64-bin-DVD2.iso
94c9c829c8ce8500d764a91b4714b8e1b8240d8b  CentOS-6.1-x86_64-LiveCD.iso
9f00cbee90f9fd12d0f60dabecba170b9272b2ee  CentOS-6.1-x86_64-LiveDVD.iso
aecef89e8a6d0996e9aefb0001d5ae5fd8e408f1  CentOS-6.1-x86_64-minimal.iso
2d0e5c3c91717996c7d3d35658f79ccac767b564  CentOS-6.1-x86_64-netinstall.iso

4. 新しい機能

5. 既知の問題点

6. 修正された問題

7. パッケージとアプリケーション

7.1. CentOS で改変したパッケージ

  • abrt
  • anaconda
  • firefox
  • httpd
  • kabi-whitelists
  • kernel
  • luci
  • openssl098
  • plymouth
  • report
  • xulrunner
  • yum

7.2. 上位ベンダーにあるパッケージで、CentOS が削除したもの

  • abrt-plugin-bugzilla
  • redhat-release-*
  • redhat-release-notes*
  • rhnlib
  • rhn-check
  • rhn-client-tools
  • rhnsd
  • rhn-setup
  • rhn-setup-gnome
  • yum-rhn-plugin

7.3. 上位ベンダーには無く、CentOS が追加したパッケージ

  • centos-release

8. コミュニティの参加

CentOS ユーザーとして、あなたもいろいろな方法で CentOS コミュニティに貢献することができます。必要とされる方法の詳細情報はContributeページみてください。

8.1. シグ (SIG)

CentOS には、特定の興味ある事柄についてユーザーが集う シグ (SIG:Special Interest Groups)がいくつかあります。下記の SIG はすでにできています。

これらの SIG への参加や、新しい SIG の設立などを、ユーザーの皆様に呼びかけています。例えば、

8.2. メーリングリストとフォーラム

あなたがこのコミュニティで他のユーザーを助けることができる別の方法はメーリングリストフォーラムに参加し、積極的に支援や問題解決をすることです。

8.3. Wiki とウェブサイト

未熟な CentOS ユーザーでも、あなたの助けが私たちにとって役に立ちます。なぜなら私たちはあなたがどのような問題に行き当たっていたかを知りたいからです。もし、あなたが特定の問題に対する情報を見つけ、それがよりアクセスしやすくなることによって、どれだけドキュメントが改良されるでしょう。この種のフィードバックは他のユーザーにとって、あなたにはそれがあっただろうというのと同じくらい有益であるので、あなたの関わり合いが CentOS をより良くするのに必要です。

従って、あなたが私たちのドキュメントと Wiki の作成に協力し、それらを改良したいなら、Wiki にアカウントを登録するか、または centos-docs というメーリングリストに加入してください。

9. 追加情報

以下のウェブサイトには、CentOS でシステムを動かす人々のための多くの情報が含まれています。

10. 謝辞

我々はこの製品に対するたくさんの人々の協力に感謝します。

Copyright (C) 2011 The CentOS Project


Manuals/ReleaseNotes/CentOS6.1/Japanese (last edited 2013-03-14 05:11:37 by TadashiJokagi)