CentOS LiveCD 5.3 リリースノート

1. 翻訳

リリースノートは、下記の言語に訳されています。

2. はじめに

CentOS開発チームはCentOS 5.3 i386 LiveCDをリリースします。 このLiveCDはCentOS 5.3 i386版がベースになっています。

CentOS 5 i386 LiveCDは、以下のCentOSミラーからダウンロードすることができます。 http://isoredirect.centos.org/centos/5/isos/i386/

私たちは、CentOS 5.3 LiveCDのイメージを作るにあたり、Fedora livecd-tools projectが提供するツールを使いました。このツールの利点には以下のようなものがあります。

3. パッケージとアプリケーション

LiveCDには以下のソフトウェアが含まれており、ワークステーションとして使用できます。

レスキューCDの用途として使えるよう以下のツールが収録されています。

サイズを700MB以下に収めるため、次のパッケージは削除されました。もしも使いたい場合は、LiveCD環境で yum install コマンドにてインストールしてください。

4. 既知の問題点

5. ネットワーク インストール

Live CDの起動オプションに"Network Install"という項目がありますが、このオプションで起動すると、"CentOS-5.3-i386-netinstall.iso"というISOファイルと同じ動きをします。 このオプションを使うことで、FTP、HTTP、NFS、CD、ハードディスクなど任意の方法でインストールすることができます。 詳しくは以下のURLをご確認ください。

http://www.centos.org/docs/5/html/5.3/Installation_Guide/s1-installmethod.html

http://www.centos.org/docs/5/html/5.3/Installation_Guide/s1-guimode-textinterface-x86.html

(NFS、CD、ハードディスクからのインストールは、全てのCentOSツリーもしくはISOイメージが必要となります。LiveCDのメディアだけではインストールを行うことができません。)

LiveCDからインターネットを通じて、HTTPやFTPなどの方法でインストールする場合、以下のURLを確認することで近くのサーバーを見つけることができます。

http://www.centos.org/modules/tinycontent/index.php?id=13

HTTP経由でネットワークインストールを行う際、もし、あなたが理化学研究所のサーバーを選ぶとすれば以下のURLがブラウズできることを確認してください。

http://ftp2.riken.jp/Linux/centos/5/os/i386/

HTTPインストールを行う際に以下の情報を入力してください。

Server: ftp2.riken.jp
Path: Linux/centos/5/os/i386

他の場所からインストールを行うには、サーバー名とパスを読み替えてください。

6. コミュニティの参加

CentOSユーザとして、あなたもいろいろな方法でCentOSコミュニティに貢献することができます。詳しくは CentOS Wiki の Contribute をご覧ください。

6.1. CentOS LiveCD プロジェクト

CentOS LiveCDは、CentOS LiveCD project にて開発を行っています。このサイトでは様々なトピックを取り上げています。

6.2. メーリングリストとフォーラム

あなたがこのコミュニティで他のユーザを助けることができる別の方法はメーリングリストフォーラムに1つでも参加することです。そして、活発にユーザの問題を解決してください。そして、他のユーザと解決策について議論してください。

7. 謝辞

この製品に対するたくさんの人々の協力に感謝します。 今回、Brandon Davidson の貢献により SATA CD-ROMドライブから起動する際の互換性問題が解消されました。

Copyright (C) 2009 CentOS


Manuals/ReleaseNotes/CentOSLiveCD5.3/Japanese (last edited 2009-10-18 02:48:52 by HajimeTaira)